哲学エヴァンジェリスト高橋聡の読書へのいざない

このブログでは、私が読んだ本のどういう点があなたに役立つかを明らかにします。 コメントは、気軽にいただければ幸いです。あなたのコメントは、私の糧になります。私のコメントはあなたの糧になります。 哲学エヴァンジェリスト 高橋聡

タグ:ニーチェ


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。
今回は崇高と美についての
ニーチェのことばから考えましょう。
//
威力がものやわらかになって、
可視の世界へ降りてくるとき、
そういう下降をわたしは美と呼ぶ。
 
 
そしてわたしは、力強い者よ、
だれにもまして、君からこそ、
美を期待するのだ。
やさしい心を獲得することが、
君の最後の自己克服であるように!
//ニーチェ『ツァラトゥストラ』世界の名著版
 
 
崇高な生き方をしている人はまだ美ではない。
つまり困難を乗り越え、力強く生きている人は
崇高だとはいえます。
 
 
最初の文章の意味は、
「強者が高く構えて、
弱者や他の人を眼中におかないのではなく、
だれにでもわかる態度で接することは、
より高次な美と呼ぶことができる」
ということです。
 
 
強者は弱者に合わせることが、
弱さだと思っている節があります。
でも、真の強者は弱者に合わせ、
美を伴った力強い行動を行うことができる
ということです。
 
 
やさしい心、
ニーチェはこういうのを嫌っている
とイメージしているあなた。

実際は全然そんなこと言っていないんです。

腑抜けと真のやさしさは違うのだ!
ニーチェならこういうでしょう。
 
真のやさしさと腑抜けとを
混在して考えるな!
ということです。
 
 
あなたはどうですか?
崇高な生き方は
素晴らしいと思いますか?
 
でも、そこに足りないのは
美しさだ、とニーチェはいいます。
 
ほほえみが足りない人間は、
ただ崇高なだけで
真の高みにいるわけではないと
指摘します。
 
 
ぼくは自分が強者だと思ったことはないですが、
強者こそやさしさを持っている、
そう感じることがあります。
 
仮に自分が強者となったとき、
このやさしい心こそ
最後のあなたの自己克服だ!
というニーチェのアドバイスを
忘れないようにしたいですね。
 
強いからこそ、
やさしい心があれば
美しさをも手に入れることができます。
 
あなたはどう感じましたか?
気軽にメッセージをくださいね!


こんばんは!

哲学エヴァンジェリスト 高橋聡です。


さて、昨日は「風向きを調べる」ことについて考えましたね。

事前の下準備、下調べの大事さをあなたも認識できて、
それが心の余裕につながることも理解できました!


今日考えることは、「真理は欲さないと、真理とならない」ということです。

ちょっと言葉だけ見ると難しいですが、
引用文を見ていって、考えていきましょうね。

早速読んでみましょう。

パスカル『パンセ』864
//
真理は今の時代には漠然としており、
虚偽は確立しているので、
人は真理を愛さない限り、
それを知ることはできないであろう。
//

フランスの哲学者パスカルの言葉です。
真理というのは、自分で真理を愛し、
その通りに行動しないと知ることはできないと言っています。

続きを読む

必要なモノと不必要なモノを見極める

こんにちは!


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。



自分について問い直すこと、


自分がどういう過去を歩んできたかということは、


あなたが心の余裕を持つ上で大事なことだと言いました。


あなたの辛い過去や楽しい過去、両方を捉えなおすことで、

 
あなたが何を大切にしてきたかを知ることができます。


今日は
 
「不要なものを持ちすぎない。足ることを知る」
 
ということについて
 
考えていきたいと思います。
 


続きを読む

【ニーチェのツァラトゥストラ1】

 

ドイツの有名な哲学者ニーチェの代表作

『ツァラトゥストラ』3章の「重さの霊」を読んでみましょう。

 

 

一節に次のような文章があります。(以下の抜粋は中央公論社・世界の名著版から)

//

とるに足らないものをわずかな量だけ摂ることで身を養い、

いつも飛ぼう、飛び去ろうという身近な心構え、これが私の性癖だ。

それは鳥の性癖を持っているとは言えないだろうか。

 

そしてとくに、わたしが重さの霊の敵であること、これこそ鳥の性癖である。

まことにそれは不倶戴天の敵、宿敵、根本の敵である。

おお、私のこの敵意はすでに八方に向かって翼をふるったのだ。

//

 

 

重さの霊とはなんでしょうか。

このヒントは、サブタイトルにあります。

 

 

//

不倶戴天の敵である重さの霊とは、

ここではおもに世俗的な他律的価値観念である。

真の自己に帰れば、自由と軽さが得られるのだ。

//

 

 

世俗的な排他的価値観念とは、ずばり他人からの指図を待って

がんじがらめになって飛べない鳥のようなもの。

だからニーチェは、重力にしばられて動けない霊を重さの霊と呼んでいるのです。

そしてニーチェは二節でいいます。

 

 

//

かれは、大地と生を重いものとして考える。

重さの霊がそう望むのだ。

だが、重さの霊に抗して軽くなり鳥になろうと望む者は、

おのれみずからを愛さなければならない。

―これがわたしの教えである。

//

 

 

鳥になって飛ぼうと思うものは、おのれみずからを愛さないといけない。

ニーチェ=ツァラトゥストラの教えはわかりやすいです。

ただ、彼はただ飛ぶだけではいけないといいます。

 

 

//

すなわち、わたしの教えはこうだ。

飛ぶことを学んで、それをいつか実現したいと思う者は、

まず、立つこと、歩くこと、走ること、よじのぼること、

踊ることを学ばなければならない。

―最初から飛ぶばかりでは、空高く飛ぶ力は獲得されない。

//

 

 

つまり、低空飛行が初めからできそうな状態であったとしても、

低空飛行することに満足するな、ということです。

空高く飛ぶようにするためには、様々な部位を鍛えなければなりません。

 

 

様々なことを鍛えないといけないということは、

どれか一つだけだといけないのです。

どれか一つだけ、ではなく総合的に高く飛べるための訓練をしないといけません。

これは何にでも言えることではないでしょうか。

それぞれの長所を伸ばしつつ、それだけではなく、自分ができないこともできるようになる。

そうやって人間はより長所を伸ばすことができるでしょう。

 

草の根平和推進者 平高橋聡

ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)
フリードリヒ・W. ニーチェ
河出書房新社
2015-08-05

 

========

―誠実とは何か―

========

 

ニーチェ『ツァラトゥストラ』

//

奴僕的幸福から自由であり、神々と崇拝から解放され、

恐れを知らず恐ろしく、偉大で孤独であること、

それが誠実な者の意志である。

 

砂漠には、遠い時代から誠実な者たち、

自由な精神の所有者が砂漠の主として住んでいた。

それに反して都会に住むのは、

良く飼育された、名声高い賢者ら――荷車を引く動物たちである。

// 世界の名著版 手塚富雄訳

 

 

あなたは誠実とは何かを考えたことがありますか。

この「誠実」ということについて、

ニーチェのメッセージをあなたにお伝えします。

 

 

上の権威、上の人からの命令に従って、

ただそれだけをこなすだけで幸福を感じ、

生きているだけのあわれな人たちよ。

 

 

あなたは仕事においても、日常生活においても、

真に神々と崇拝から解放されないと、誠実なものでは決してない。

ここでいう神々と崇拝とは、宗教的な意味だけではない。

 

 

どういうことか。つまり、資本主義への無条件な崇拝を強いられ、

金や物、会社という神々に仕えるのをやめよ。

ニーチェはそういうのだ。

 

 

権力に盲従しているうちは、自分の真の責任を負うことなどできはしない。

せいぜい、職責を果たす程度の、きわめて小さい人間になってしまう。

そうではなく、自分の人生全体の責任を考えよ。そうでなければ、君はいかなる意味でも誠実ではない。

 

 

恐れず、その行動が周りから恐れらるくらいの意気込みを見せよ。

偉大で孤独であること。まずはそこから出発せよ。

そうすることで初めて誠実な者となれるのだ。

 

 

何もない場所にこそ、誠実な者たち、

つまり自分の責任で自分の人生を切り開く開拓者が砂漠の主だった。

都会に住むのは、せいぜい民衆という荷車を引く賢者でしかない。

 

 

ニーチェがいいたいのはこうだ。

大きな権力があったとしても、自分の責任ですべてを果たせ。

自分の責任とは、職責など超え出たもっと大いなるもの。自分の人生に関する責任だ。

 

 

周りを気にするだけの知者として、賢者として行動するだけにとどまるな。

本当の意味での責任を彼らははたしていないのだから。

いかなる意味でも、よくできた賢者は誠実ではないのだから。

 

 

嫌われる勇気を持ち、時にはいうべきことを言わないといけません。

だからこそ、自分の真の責任を常に探求しつつ、行動してまいりましょう。

ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)
フリードリヒ・W. ニーチェ
河出書房新社
2015-08-05

 

こんばんは!

 

草の根平和推進者 平高橋聡です。

 

今日はあなたにニーチェのメッセージをお伝えします。

 

ニーチェの思想のなかで最も大事な著作『ツァラトゥストラ』のメッセージ。

 



 

ニーチェ『ツァラトゥストラ』

//

こういうふうに祝福するものは、幸いである。

なぜなら、すべての事物は、

善悪の彼岸の地帯にある永遠の泉において

洗礼を受けたものであるからだ。

善と悪とは、ただ中間的色調、湿気のある濁り、浮動する雲であるに過ぎない

//手塚富雄訳

 

では、さっそくメッセージを取り出しましょう。

 

あなたはすべてを肯定できますか?

 

「そうだ、それもよし」と常に言うことができますか?

 

もし素直にそれができるならば、

 

つまり言葉の上でも、気持ちの上でも同じように

 

「そうだ、これをやろう」ということができれば、

 

あなたは幸せです。

 

すべての事柄は、

 

薄っぺらい善悪という人間の偏見や決めつけなどではなく、

 

どの事柄も、ないのではないのです。

 

つまり、悪だということも現に存在するのです。

 

それは、単純に善悪の基準で悪を排除することで

 

解決しようと思ってもできないでしょう。

 

まずはすべての事柄が存在することを認め、受け入れたうえで

 

自分の気持ちの持ち方などを考えなければいけません。

 

すべてを肯定し、そこからスタートするのです。

 

 

 

これがニーチェからあなたへのメッセージです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)
フリードリヒ・W. ニーチェ
河出書房新社
2015-08-05

 

こんにちは!

草の根平和推進者 平高橋聡です!

皆さんは、ドイツの哲学者ニーチェはご存知ですか?

有名な哲学者なので、名前くらい聞いたことがある

という人は多いでしょう。



今日はニーチェの『道徳の系譜』という書物から

あなたへのメッセージをお伝えします。

道徳の系譜 (岩波文庫)
ニーチェ
岩波書店
1964-10



『道徳の系譜』三章 二八
//
禁欲主義的理想を除いては、人間は、人間という動物は、
これまで何の意義も有しなかった。
人間および地上には意志というものが欠如していた。
そして禁欲主義的理想は人類に一つの意義を提出したのだ!
それがこれまで唯一の意義であった。
何らかの意義を有するということは、
全く意義を有しないということよりはましである。
わけても禁欲主義的理想は、
確かにこれまでに存在した限りでの優れた
<<間に合わせ>>で会った。
苦しみはその中で解釈を得た。
人間はその解釈によって救われた。
//    岩波文庫『道徳の系譜』木場深定訳より引用

あなたへのメッセージを取り出しましょう。

禁欲主義、生々しい生への嫌悪感がなければ、

あなたは人間として存在する意義を持たなかった。

何かをしようとする意志があなたにはなかったのだ。

禁欲主義は、あなたがとりあえず生きるために

間に合わせた理想でしかない。

でも、苦しみから解釈を引き出し、

その解釈をするという行為によって、あなたは救われたのだ。


もうちょっとわかりやすく言いましょう。

苦しみがあって、ただ苦しみがありのままに

あるというだけでは、あなたの存在は意義を持たない。

だから、苦しみを消し去ろうとすることをやって

初めて、あなたは存在意義ができた。

そしてその苦しみを消し去ろうとする行為で

あなたは救われたのだ。

そこであなたが持っているものは、否定の意志だ。

意義を持つには、まず否定しなければならない。

そして、否定し続けたあと、突如目覚めて肯定の段階にいくのだ。


あなたは自分と周りを肯定できれば、そこに完全な救いがある。

これがニーチェのあなたへのメッセージです。


最後まで、読んでいただきありがとうございます!

道徳の系譜学 (光文社古典新訳文庫)
フリードリヒ ニーチェ
光文社
2009-06-11

 

↑このページのトップヘ