こんばんは!

 

草の根平和推進者 平高橋聡です。

 

今日はドイツの社会学者マックス・ウェーバーからのメッセージです。。

 



 

ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

//

私経済的な富の生産という側面では、

禁欲の精神が闘った相手は不誠実さだけではなく、

純粋に衝動的な物欲でもあった。

それはこうした物欲は、

富裕になることを究極の目的として、

富を追及することだったからであり、

これこそが禁欲の精神によって「貪欲」として、

「拝金主義」として排斥されたものである。

所有そのものが誘惑だった。

ところがそこでこそ禁欲の「力」が働いたのであり、

「つねに善を望みつつ、つねに悪を作りだす」のだった。

ただしこの悪というのは、禁欲の立場での悪であり、

所有とその誘惑を作りだすものである。

//

 

 

あなたは財産を増やそうと思ったことがありますか?

 

それは別にかまいません。

 

でも、そこに何か目的はありましたか?

 

ただ、財産を多く持ちたいという理由だけで、

 

財産を増やす活動をしていませんか?

 

そうではなく、お金は手段であり、財産を持つのが

 

ほんとうの目的のために使われるのなら、

 

だれも文句は言わないでしょう。

 

お金を持って権力を得たいことが目的になる、

 

つまり手段を目的とはき違えてしまうと、

 

あなたのお金稼ぎは成功しても、すぐ失ってしまうものになるでしょう。

 

あなたは積極的禁欲を行うとき、

 

本当の意味での資本主義を理解できるでしょう。

 

積極的禁欲とは、お金を稼いでも。そのことを誇らず、

 

ただ天職としてお金を稼ぎ、

 

自分の価値を見出した活動に投資を続けること。

 

お金を貯めこんでしまって、満足しないことです。

 

あなたはつねに善を望みつつ、

 

あなたのお金を投資する先の人への教育がなされなければ、

 

悪を作りつづける結果になってしまいます。

 

だからこそ、正しい投資・教育・平和を考える必要があります。

 

 

 

これがメッセージです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。