哲学エヴァンジェリスト高橋聡の読書へのいざない

このブログでは、私が読んだ本のどういう点があなたに役立つかを明らかにします。 コメントは、気軽にいただければ幸いです。あなたのコメントは、私の糧になります。私のコメントはあなたの糧になります。 哲学エヴァンジェリスト 高橋聡

カテゴリ: 挨拶

こんばんは!

草の根平和推進者 平高橋聡です。

これまで1か月間、ほぼ毎日更新してきました。

しかし、少し忙しくなりつつあるので、更新頻度を落とします。

書くときは書きますので、今後ともよろしくお願いいたします。 

あなたにおくる『大学』のメッセージ

AmazonKindleにて、5日間のみ無料キャンペーン配布中です!

みなさまのおかげで、平和活動の一歩として電子書籍を出版することができました。

今回は、中国の古典『大学』を訳と解説を行いました。
従来、『大学』は四書、つまり儒教の経典として重んじられてきました。
そして、儒学者などによって様々な注釈が提出されました。

私は、その儒学者たちの研究のすべては悪いとは思いませんが、
深読みのし過ぎで読みづらいところがたくさんあります。

今回は原典に立ち帰り、現実的にどう訳せるかを頭に置きながら、翻訳を行いました。

そうすると、『大学』にはあるメッセージがあることに気づきました。

わかったのは、『大学』は組織での人間関係の書として読める、ということです。
そこには平和を考えるうえで重要なメッセージがたくさんあります。

現代でも立派に通用するビジネス書として読み直すことができます。

後半部には簡単な読みやすい解説もつけています。

ぜひ一度お読みください。

   草の根平和推進者 平高橋聡

みなさん、はじめまして!

皆さん「草の根平和推進者」 平高橋聡です!

ここのブログでは私の読んだ本からあなたに役立つ情報をお届けします。

一度目を通しても、あなたにとって何が役に立つのかわからないこともあるでしょう。

その際は、まずはコメントください。コメントで不満を出してくださったら、もう一度読んでみてください。

必ずあなたにとって意味のあるメッセージがそこには含まれています。


私は必ずあなたのコメントを読み、返信できるときに随時返信してまいります。

事情次第で、返信が遅れることもご容赦ください。


どうか、この読書ブログをよろしくお願いいたします。 

2016.06.15 水曜日 宮里高橋通信 高橋聡

↑このページのトップヘ