哲学エヴァンジェリスト高橋聡の読書へのいざない

このブログでは、私が読んだ本のどういう点があなたに役立つかを明らかにします。 コメントは、気軽にいただければ幸いです。あなたのコメントは、私の糧になります。私のコメントはあなたの糧になります。 哲学エヴァンジェリスト 高橋聡

カテゴリ: 本


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。
今回は崇高と美についての
ニーチェのことばから考えましょう。
//
威力がものやわらかになって、
可視の世界へ降りてくるとき、
そういう下降をわたしは美と呼ぶ。
 
 
そしてわたしは、力強い者よ、
だれにもまして、君からこそ、
美を期待するのだ。
やさしい心を獲得することが、
君の最後の自己克服であるように!
//ニーチェ『ツァラトゥストラ』世界の名著版
 
 
崇高な生き方をしている人はまだ美ではない。
つまり困難を乗り越え、力強く生きている人は
崇高だとはいえます。
 
 
最初の文章の意味は、
「強者が高く構えて、
弱者や他の人を眼中におかないのではなく、
だれにでもわかる態度で接することは、
より高次な美と呼ぶことができる」
ということです。
 
 
強者は弱者に合わせることが、
弱さだと思っている節があります。
でも、真の強者は弱者に合わせ、
美を伴った力強い行動を行うことができる
ということです。
 
 
やさしい心、
ニーチェはこういうのを嫌っている
とイメージしているあなた。

実際は全然そんなこと言っていないんです。

腑抜けと真のやさしさは違うのだ!
ニーチェならこういうでしょう。
 
真のやさしさと腑抜けとを
混在して考えるな!
ということです。
 
 
あなたはどうですか?
崇高な生き方は
素晴らしいと思いますか?
 
でも、そこに足りないのは
美しさだ、とニーチェはいいます。
 
ほほえみが足りない人間は、
ただ崇高なだけで
真の高みにいるわけではないと
指摘します。
 
 
ぼくは自分が強者だと思ったことはないですが、
強者こそやさしさを持っている、
そう感じることがあります。
 
仮に自分が強者となったとき、
このやさしい心こそ
最後のあなたの自己克服だ!
というニーチェのアドバイスを
忘れないようにしたいですね。
 
強いからこそ、
やさしい心があれば
美しさをも手に入れることができます。
 
あなたはどう感じましたか?
気軽にメッセージをくださいね!

どうも、哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。
ぼくは自分の弱さを実感する日々が続いています。
その自分の弱さに関することばを取り上げましょう。
//
私をいちばん驚かすことは、
世間の人たちがみな自分の弱さに
驚いていないということである。
//パスカル『パンセ』三七四 中公文庫版
 
 
今日はデカルトと同じ時代を生きた
フランスの哲学者パスカルのことば、
パンセの一部を見ましょう。
  
 
パスカルが一番驚いたこと。
それは、人々が自分の弱さを知りながらも、
全くそれに驚いていないということ。
 
 
自分の弱さに驚くことなく、
自分があやまっていることを認め、
世間の身のこなし方が間違っている
ことは認めないのだ。
  
 
こうした矛盾したところを
懐疑論は好む、とパスカルは言う。
 
 
懐疑論とは
世界はどうなっているとか、
そういったことを決定することはできないという
立場だ。
  
 
パスカルのことばはここで終わる。
以下はぼくの考え。
 
 
 
ほんとうは
自分の弱さをもっと自覚し、
その弱さへの対処法を取るべきなのだ。
  
 
パスカルは
人間は自然の中でもっとも弱い存在だという。
 
 
それにも関わらず、
人間が生き残ってきたのは、
弱い存在だと知って対処してきたからだ。
 
 
自分の弱さを知ることができなければ、
改善策など取りようがない。
結局、自分の弱さを知らない人こそ、
懐疑論に飲み込まれ、
不可知論を唱える。
 
 
自分の弱さを驚くくらい
自分と向き合いたまえ。
そうすれば、
周りの環境のせいにすることなく、
ただ自分のみが悪いことを認識し、
自分の行動を変えるだろう。
 
 
ぼくは自分の弱さに
驚きをもって接したことがないので、
なんともパスカルの発言は
新鮮でした。
 
 
あなたはどうですか?
自分の弱さに驚いたことがありますか。
  
 
なんでもいいので、
気付いたことなどあれば
気軽にコメントくださいね。

//

深心とは、深く信ずることであり、

これは自己の信念を決然と確立し、

仏の教えに従って修行し、

それに対する疑惑や誤謬を永久に取り除き、

一切の自分と異なった別の教理を

了解している人、

別の教理を実践している人、

異なった思想、異なった学説、

異なった見解に執着をしている人たちのために

迷ってあともどりしたり、

動揺して傾いたりしないことである。

//(法然『選択本願念仏集』石上善応訳より)

 

どうも、哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。

ちょっとずつ週三回を目安に

哲学/宗教発信をしていきたいと思っております。

 

ぼくは本をよく読むので、

その本にあった良い言葉、

気になった言葉を選び、

それに注釈をつける形で

筆を進めたいと思います。

 

第一回は

鎌倉新仏教運動の最初に位置付けられるべき、

浄土宗の開祖法然の主著『選択本願念仏集』

のことばです。

 


続きを読む

 〇法然上人の主著『選択本願念仏集』

平安末期から鎌倉時代、

仏教はさまざまな宗派が生まれた。

 

その嚆矢となったのが、

法然の浄土宗である。

 

浄土宗を起こした法然の主著が

選択(せんちゃく、せんじゃく)本願念仏集(以下、『選択集』)

である。

 

この書物に示された法然の教えは

平安時代以前に成立した仏教を

時代遅れのものとし、

日本独自の仏教が生まれるきっかけをつくった

 

今回はその書物のタイトルに含まれる

「選択」ということばの意味について

考えていきたい。

 


続きを読む

こんにちは!


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。


昨日は尊敬とは何か、考えることができました。


あなたも人に尊敬される立場になれば、自然と余裕がでます。



さて今日のテーマは、「実際に生きた存在となる」です。


今日はドイツの哲学者ヘーゲルのことばから学びましょう。


ヘーゲル『精神現象学』序論
//
生きた実体は、存在といっても、

真実には主体であるところの存在である。

あるいは同じことであるが、

生きた実体とは、その実体が、

自分自身を定立する運動であり、

みずから他者となりつつ

そのことを自分自身に関係づけ媒介するという、

この限りにおいてのみ真に現実的であるところの存在である。
//

ヘーゲルのことば、難しいですね。


あなたへの役立つメッセージを取り出してみましょう。


続きを読む

こんばんは!


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。


今日のテーマは、「尊敬」とは何か考えることです。


あなたは人から尊敬されたいと思っていますか?


今日は『論語』から


尊敬されるにはどういうことが必要か、


考えてみましょう。


論語411
//
先生は次のようにおっしゃった。

智略にすぐれても、仁徳によって維持するのでなければ、

一度手に入れた政権も、必ずすぐ喪失してしまうものだ。

智略にすぐれ、仁徳によって維持することができても、

信念を持って臨むのなければ、人民は尊敬しない。

智略にすぐれ、仁徳によって維持することができ、

更に信念を持って臨んでも、自ら礼節に従って行動して

見せなければ、臥龍点睛を欠くものだ。
//

これが孔子からあなたへのメッセージです。

わかりやすく説明しましょう。



続きを読む

こんばんは!

哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。

では、今日も哲学からメッセージを取り出しましょう。

今日はアメリカの哲学者パースのことばから学びましょう。

早速文章を見ていきます。

パース『いかにしてわれわれの観念を明晰にするか』
//
実際的な意味をもつと考えられるどのような効果を、

われわれの概念の対象がもっていると自ら考えているのか、

考察してみよ。

そのとき、そうした効果に関するわれわれの観念こそ、

その対象に関するわれわれの観念のすべてなのである。

この規則を実例によって例示してみよう。

最も簡単な例から始めて、あるものが堅いというとき、

われわれがどういうことを意味しているのか、と問うてみる。

明らかに、そのものは他の多くの物体によって

疵(きず)つけられないであろう。

こうした性質に関する観念と同様、

その考えられた効果のうちに存する。

堅いものと柔らかいものとの違いは、

それが検査されないかぎり、

全く存在しない。
//

ちょっと長いですが、読んでくださいね。

どういう意味でしょうか。

早速あなたへのメッセージを取り出しましょう。



続きを読む

↑このページのトップヘ