こんにちは!


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。


昨日は尊敬とは何か、考えることができました。


あなたも人に尊敬される立場になれば、自然と余裕がでます。



さて今日のテーマは、「実際に生きた存在となる」です。


今日はドイツの哲学者ヘーゲルのことばから学びましょう。


ヘーゲル『精神現象学』序論
//
生きた実体は、存在といっても、

真実には主体であるところの存在である。

あるいは同じことであるが、

生きた実体とは、その実体が、

自分自身を定立する運動であり、

みずから他者となりつつ

そのことを自分自身に関係づけ媒介するという、

この限りにおいてのみ真に現実的であるところの存在である。
//

ヘーゲルのことば、難しいですね。


あなたへの役立つメッセージを取り出してみましょう。



ほんとうに生きた実体とは、


他人に生かされている存在ではない。


自分から主体的に生きようとしている


自立している存在である。


ほんとうに生きた実体とは、


自分自身が何かを思考や行動で動き回って


ほんとうの自分自身を探し出す存在だ。


そして、そうして見つけたほんとうの自分自身として、


他人として周りの人や社会と関わるのが生きた実体だ。


そうやって生きて初めて、


現実的に生きた存在となることができる。



あなたは、他人に依存しすぎていませんか。


あなたは自分から主体的に生きようとしていますか。


あなたは自分自身がどういう存在か、


常に心の中において行動していますか。


あなたはほんとうの自分自身として、


他人や社会と関わって生きていますか。


そうやって生きることができて初めて、


あなたは現実的に生きた存在となるのです。


一つ注意しておかないいけない点があります。


主体的に自立して生きると言っても、決して独りよがりで


独善的になってはいけません。


自分だけが良く、周りが悪いと感じているうちは、


あなたの行動はうまくいかないでしょう。



そしてあなたが実際に社会で生きた存在として


意味ある活動ができているなら、


あなたには心の余裕が生まれます。


以上、哲学エヴァンジェリスト高橋聡でした。

今日もありがとうございました。