こんばんは!


哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。


今日のテーマは、「尊敬」とは何か考えることです。


あなたは人から尊敬されたいと思っていますか?


今日は『論語』から


尊敬されるにはどういうことが必要か、


考えてみましょう。


論語411
//
先生は次のようにおっしゃった。

智略にすぐれても、仁徳によって維持するのでなければ、

一度手に入れた政権も、必ずすぐ喪失してしまうものだ。

智略にすぐれ、仁徳によって維持することができても、

信念を持って臨むのなければ、人民は尊敬しない。

智略にすぐれ、仁徳によって維持することができ、

更に信念を持って臨んでも、自ら礼節に従って行動して

見せなければ、臥龍点睛を欠くものだ。
//

これが孔子からあなたへのメッセージです。

わかりやすく説明しましょう。



あなたは人の上に立つとき、どんなに知識と計略にすぐれていても、


仁徳、つまりほんとうに人を思いやる気持ちがなければ、人はついてこない。


知識と計略がすぐれ、ほんとうに人を思いやる気持ちがあっても、


自らの信念がなければ、人はあなたを尊敬しない。


知識と作戦にすぐれて、ほんとうに人を思いやる気持ちがあり、


更に信念をもって物事に臨んでも、他人への礼儀が欠けていれば、


あなたは完全にうまくいくことがない。




つまり、まずあなたは知識を持ち作戦をまずしっかり立てる。


次に、あなたはほんとうに人を思いやる気持ちを持つ。


そして、あなたは信念をもって物事に臨む。


最後に、あなたは礼儀正しく、行動する。


この4つのことができて初めて、


あなたの成し遂げるべきことはうまくいく。


智略、仁徳、信念。


この三つがないと、


あなたは人から尊敬されることはありません。


よく考え、作戦を立てること。

人をほんとうに思いやること。

信念をもって物事に取り組むこと。

これが、尊敬を三つの必須要素です。


あなたが尊敬する人は、


この三つすべてを持っているのではないでしょうか。


よく考えて、行動できるように頑張りましょうね。


以上です。今日もありがとございました。