こんばんは!

哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。

では、今日も哲学からメッセージを取り出しましょう。

今日はアメリカの哲学者パースのことばから学びましょう。

早速文章を見ていきます。

パース『いかにしてわれわれの観念を明晰にするか』
//
実際的な意味をもつと考えられるどのような効果を、

われわれの概念の対象がもっていると自ら考えているのか、

考察してみよ。

そのとき、そうした効果に関するわれわれの観念こそ、

その対象に関するわれわれの観念のすべてなのである。

この規則を実例によって例示してみよう。

最も簡単な例から始めて、あるものが堅いというとき、

われわれがどういうことを意味しているのか、と問うてみる。

明らかに、そのものは他の多くの物体によって

疵(きず)つけられないであろう。

こうした性質に関する観念と同様、

その考えられた効果のうちに存する。

堅いものと柔らかいものとの違いは、

それが検査されないかぎり、

全く存在しない。
//

ちょっと長いですが、読んでくださいね。

どういう意味でしょうか。

早速あなたへのメッセージを取り出しましょう。




あなたは何かの言葉の意味をどう考えていますか。


あなたの言葉の意味は、実際どう行動したかによって決まるのです。


そして、あなたが考えていることとは、あなたが行動したことによって


始めて意味が生まれるのです。



この考えを実例で考えましょう。


あなたが「役に立つ」というとき、どういう意味がありますか。


例えばこのペンは役に立つ、と言います。


あの役たたないペンとの違いはなんですか?


あなたが実際に使って、意味があって始めて「役に立つ」ということです。


考えも同じです。


その考えと考えによって実証された行動をテストし、


評価することによって、始めてあなたの行動は


「役に立つ」かどうかが決まります。


だから、あなたの過去の行動をテストし、

評価するきっかけが必要です。

将来の行動も、今の行動をチェックと改善とをして

はじめて活きるでしょう。


そう、これがメッセージです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

連続性の哲学 (岩波文庫)
パース
岩波書店
2001-07-16