〇法然上人の主著『選択本願念仏集』

平安末期から鎌倉時代、

仏教はさまざまな宗派が生まれた。

 

その嚆矢となったのが、

法然の浄土宗である。

 

浄土宗を起こした法然の主著が

選択(せんちゃく、せんじゃく)本願念仏集(以下、『選択集』)

である。

 

この書物に示された法然の教えは

平安時代以前に成立した仏教を

時代遅れのものとし、

日本独自の仏教が生まれるきっかけをつくった

 

今回はその書物のタイトルに含まれる

「選択」ということばの意味について

考えていきたい。

 


続きを読む