哲学エヴァンジェリスト高橋聡です。
今回は崇高と美についての
ニーチェのことばから考えましょう。
//
威力がものやわらかになって、
可視の世界へ降りてくるとき、
そういう下降をわたしは美と呼ぶ。
 
 
そしてわたしは、力強い者よ、
だれにもまして、君からこそ、
美を期待するのだ。
やさしい心を獲得することが、
君の最後の自己克服であるように!
//ニーチェ『ツァラトゥストラ』世界の名著版
 
 
崇高な生き方をしている人はまだ美ではない。
つまり困難を乗り越え、力強く生きている人は
崇高だとはいえます。
 
 
最初の文章の意味は、
「強者が高く構えて、
弱者や他の人を眼中におかないのではなく、
だれにでもわかる態度で接することは、
より高次な美と呼ぶことができる」
ということです。
 
 
強者は弱者に合わせることが、
弱さだと思っている節があります。
でも、真の強者は弱者に合わせ、
美を伴った力強い行動を行うことができる
ということです。
 
 
やさしい心、
ニーチェはこういうのを嫌っている
とイメージしているあなた。

実際は全然そんなこと言っていないんです。

腑抜けと真のやさしさは違うのだ!
ニーチェならこういうでしょう。
 
真のやさしさと腑抜けとを
混在して考えるな!
ということです。
 
 
あなたはどうですか?
崇高な生き方は
素晴らしいと思いますか?
 
でも、そこに足りないのは
美しさだ、とニーチェはいいます。
 
ほほえみが足りない人間は、
ただ崇高なだけで
真の高みにいるわけではないと
指摘します。
 
 
ぼくは自分が強者だと思ったことはないですが、
強者こそやさしさを持っている、
そう感じることがあります。
 
仮に自分が強者となったとき、
このやさしい心こそ
最後のあなたの自己克服だ!
というニーチェのアドバイスを
忘れないようにしたいですね。
 
強いからこそ、
やさしい心があれば
美しさをも手に入れることができます。
 
あなたはどう感じましたか?
気軽にメッセージをくださいね!